· 

遺言執行者の役割やメリット

 遺言執行者は、遺言書において指定された人物であり、その主な役割やメリット、できること、選任方法、選ぶ上での注意点について説明します。

 

 遺言執行者の役割

 遺言執行者の主な役割は、遺言者の遺志を実現するために、相続財産の管理や遺言書に基づく手続きを行うことです。 具体的な役割には以下が含まれます:

  • 相続人・相続財産の調査
  • 相続財産目録の作成
  • 不動産の登記申請手続き
  • 預貯金の解約払戻手続き
  • 株式の名義変更
  • 自動車の名義変更
  • 遺言者の代わりに認知を届け出ること
  • 相続人の廃除・廃除の取消し

 ただし、相続税の申告には適用されないため、相続人それぞれが相続税の申告に対応する必要があります。

 

遺言執行者を選任するメリット

  1. 手続きがスムーズに進む: 遺言執行者が指定されていると、手続きが一括して進むため、相続人全員が協力的でなくてもスムーズに進めることができます。
  2. 一貫性が保たれる: 遺言者の遺志を最大限に尊重するため、指定された遺言執行者が全体の管理を行うことで、一貫性が保たれます。

遺言執行者ができること

 遺言執行者ができることには以下が含まれます:

  • 相続人・相続財産の調査
  • 相続財産目録の作成
  • 不動産の登記申請手続き
  • 預貯金の解約払戻手続き
  • 株式の名義変更
  • 自動車の名義変更
  • 遺言者の代わりに認知を届け出ること
  • 相続人の廃除・廃除の取消し

 遺言執行者の選任方法

  1. 遺言で指定する: 遺言書において、遺言者が遺言執行者を指定します。具体的な名前や条件を書き記します。
  2. 友人や親戚などに頼む: 遺言者が遺言執行者を指定できない場合、友人や親戚に頼むことも一つの方法です。
  3. 家庭裁判所に選任を依頼する: 遺言書に遺言執行者が指定されていない場合や指定された遺言執行者ができない場合、家庭裁判所に遺言執行者の選任を依頼することもできます。

 遺言執行者を選ぶ上での注意点

  1. 信頼性: 遺言執行者には信頼性が求められます。信頼できる友人や親戚、専門家(弁護士、司法書士、行政書士など)を選ぶことが重要です。
  2. 能力: 遺言執行者には書類作成や手続きが得意な人物が望ましいです。また、銀行や法務局に行くことができる平日の昼間に活動できるかも考慮されます。
  3. 居住地の近さ: 手続きをする銀行や法務局の近くに住んでいるかどうかも重要です。居住地が離れている場合、手続きが複雑になる可能性があります。
  4. 相続人の事情: 相続人が高齢であったり、仲が悪かったりする場合は、トラブル防止のために慎重な選定が必要です。

フォームの始まり

 遺言執行者の選任は、慎重かつ検討深く行うことが大切です。