· 

お金持ちが相続に備えている理由

 お金持ちが相続に備えている理由と、始めるべき対策についてです:

  • お金持ちは「万が一」を想定している:

 お金持ちは常に「万が一」を考え、顧問税理士や金融機関のセミナーで相続に関する情報を得ている。

 トラブルを防ぐためには、相続に関する正しい知識と準備が欠かせない。

  • 遺産総額によるトラブルの実態:

 家庭裁判所の統計によれば、遺産総額5000万円以下のケースが7割以上を占め、1000万円以下が3割強。

 お金持ちほどもめていないという現実がある。

  • 具体的な始め方としての提案:

 家族に遺産や相続について話すのが難しい場合は、本やセミナーを通じて家族に知らせる。

 遺言書や相続に関する本を置いておくことで、家族が気軽に知識を得られる環境を整える。

  • セミナー参加の提案:

 関連のセミナーに参加し、少しずつ知識を深めていく。

 セミナーは一度の参加で全てを網羅することは難しいため、複数回参加して異なる視点を得る。

  • 友達や家族との共有:

 一人で参加したり、奥さんやご主人、友達を誘って一緒に参加することで、情報交換や新たな発見が期待できる。

 参加したセミナーで得た知識を家族や友達とシェアすることで、共通の理解が生まれる。

  • 専門家への相談:

 弁護士、司法書士、行政書士、税理士、ファイナンシャルプランナーなど、専門家に相談することが重要。

 専門家は無料で簡単な質問に答えてくれることもあり、これを利用する。

  • 専門家の役割:

 弁護士や司法書士は書類作成や手続きに詳しく、無料相談が可能。

 簡単な質問は無料で受け付けている税理士やファイナンシャルプランナーもあり、必要に応じて利用する。

 お金持ちであっても相続に備え、問題を予防するためには正しい知識を身につけ、プロのアドバイスを受けることが重要です。

 また、身近な人と情報を共有することで、より円滑な相続計画が進められるでしょう。