· 

相続税対策において、デッドクロス

 相続税対策において、デッドクロス(税引き後のキャッシュフローがマイナスになる状態)に陥ってしまった場合、適切な対策が必要です。

 

デッドクロス対策の選択肢:

  1. 当初の自己資金を多くする
  2. 当初の返済期間を長くする
  3. 繰り上げ返済をする
  4. 返済期間を延長する
  5. 売却する
  6. 減価償却費が多くとれる資産を追加する

具体的な対策の考察:

  • 1. 当初の自己資金を多くする

 既に保有している不動産については難しい選択であり、新たに資金を投入する必要があります。

  • 2. 当初の返済期間を長くする

 既に保有しているローンに対して返済期間を延長することで、月々の返済負担が減り、キャッシュフローが改善します。

 新たな融資を検討する際、長期の返済期間を確保することも考慮します。

  • 3. 繰り上げ返済をする

 相続税の納税資金を確保するために繰り上げ返済を行うと、現金の流出となります。

 納税資金を確保しながらデッドクロス対策を行う場合は、他の手段を検討する必要があります。

  • 4. 返済期間を延長する

 新たな金融機関に借り換えを行い、返済期間を延長することで、月々の支払額を減らし、現金を確保します。

 返済期間の延長により金利が増えるが、金利は所得税の計算上経費に算入でき、相続税の圧縮効果もある。

  • 5. 売却する

 不要な不動産を売却し、現金を手に入れることでキャッシュフローを改善できます。

 売却により発生するキャピタルゲイン税や譲渡所得税なども検討する必要があります。

  • 6. 減価償却費が多くとれる資産を追加する

 新たな不動産投資を行い、減価償却費を取得することで、税引き後のキャッシュフローを改善できます。

 投資先を選定する際は、減価償却費が多く得られる物件を検討します。

  • 注意点:

 対策を検討する際には、不動産市況や金利動向、法律の変更なども考慮して計画を立てます。

 キャッシュフローの改善と同時に、相続税の節税効果も検討します。

 各対策のメリット・デメリットを十分に理解した上で、状況に合わせて組み合わせることが重要です。

 デッドクロス対策は個々の状況によって最適な選択が異なります。

 相続税の計画だけでなく、資産の長期的な管理も含めて総合的なアプローチが必要です。

 税務専門家やファイナンシャルプランナーのアドバイスを受けながら、最適な戦略を検討することが重要です。