· 

相続、贈与、譲渡(売買)の方法を比較

 相続、贈与、譲渡(売買)の方法を比較し、最も効率的な方法を選ぶためには、税金の比較だけでなく、評価方法や将来の見通しも考慮する必要があります。

  • 相続、贈与、譲渡(売買)の税の比較:

 相続は不動産取得税がかからず、贈与や譲渡(売買)ではかかります。

 登記免許税の税率も異なります。

 相続では0.4%、贈与や譲渡(売買)では3%から4%程度が一般的です。

  • 評価方法の比較:

 相続や贈与の場合は相続税評価を使用しますが、譲渡(売買)の場合は時価が原則です。

 未償却残高(簿価)を使える場合、築年数が進んでいる場合は、譲渡の方が低いコストで移転できることがあります。

  • 贈与が有利な場合:

 不動産の値上がりが予想される場合。

 相続税評価が上がる可能性がある場合。

  • 譲渡(売買)が有利な場合:

 未償却残高(簿価)が使え、建物の築年数が進んでいる場合。

 鑑定評価、未償却残高(簿価)、固定資産税評価額、固定資産税評価額の割戻などから適切な評価方法を選び、使用できる場合。

  • 専門家のアドバイス:

 資産税に強い税理士や専門家と協力し、最適な方法を検討する。

 不動産鑑定士の意見を取り入れることがあります。

  • 税務署の認識に注意:

 評価方法が税務署に否認されないよう、慎重に進める。

 評価方法がしっかりと根拠づけられるように専門家のアドバイスを得る。

 

 「みなし贈与」のリスク:

 譲渡価格と税務署の認識する時価に乖離があると、「みなし贈与」とみなされ、多額の贈与税(買主が法人の場合は法人税)が発生する可能性があります。

 相続、贈与、譲渡(売買)は状況によって最適な方法が異なります。

 専門家のアドバイスを得ながら、将来の計画や不動産の評価方法を含めて総合的に検討することが重要です。