· 

生命保険の活用

 生命保険の活用

 

 生命保険は様々なリスクに対する保障を提供するものであり、企業オーナーや経営者にとっても重要な資産管理ツールとなります。以下は生命保険の主な活用方法やタイプに関する説明です:

  • 損害保険と生命保険:

 損害保険: 火災、交通事故、生涯、賠償責任などの損害補償機能があり、医療・介護補償機能や老後資金準備機能も備えた商品があります。

 生命保険: 死亡時の保障機能の他に、入院費や治療費、介護費用、長期貯蓄、老後資金準備などの機能があります。

  • 保険の構成:

 保険は保険金、給付金、年金によって構成されます。

 保険金: 死亡保険金と満期保険金に分かれ、被保険者の死亡や契約期間終了時に支払われます。

 給付金: 入院給付金や生存給付金などが含まれます。

 年金: 保証期間付き終身年金と確定年金があります。

  • 定期保険

 死亡保障が主目的の掛け捨て型の保険で、一定期間の保険期間が設定されています。

 保険期間内に死亡した場合に死亡保険金が支払われ、期間終了まで生存した場合は満期保険金はない。

 保険料が一定の定額型が一般的で、逓減定期保険や逓増定期保険もあります。

  • 終身保険

 一生続く保険期間で、死亡時には必ず死亡保険金が支払われるタイプの保険です。

 途中解約時に解約返戻金が支払われ、老後資金や相続対策に活用できます。

 税制面での優遇や、相続時の手続きの簡便性があります。

  • 養老保険

 死亡時に死亡保険金が支払われ、満期の際には死亡保険金と同額の満期保険金が支払われる商品です。

 保障と貯蓄の両方の機能を備え、老後の生活保障としても活用できます。

 法人での利用も多く、従業員の福祉制度としても導入されることがあります。

  • ガン保険

 ガンと診断された場合に、入院費用や手術費用、通院費用などを補償する保険です。

 法人契約では、保険料の全額が損金算入できる場合があり、従業員の福利厚生にも利用されます。

  • その他の保険商品

 さまざまな特定のリスクやニーズに対応するための保険商品が存在します。

  • 代償分割のための生命保険

 自社株の相続において、代償分割を選択することで、後継者に対して代償金を支払う方法があります。

 生命保険の死亡保険金を代償金の原資として活用し、遺産分割の円滑な進行や遺留分の侵害を回避できます。

 生命保険は多岐にわたるリスクやニーズに対応するため、慎重な検討とニーズに合った契約の選択が重要です。