· 

生命保険を相続の観点から有効に活用

 生命保険を相続の観点から有効に活用するメリットはいくつかあります:

  • 非課税枠の活用:

 相続税法上、法定相続人一人あたりに500万円の非課税枠があるため、生命保険を活用することでこの枠を有効に利用できます。節税の手段として役立ちます。

  • 受取人指定による相続財産の回避:

 生命保険の受取人を指定することで、その保険金は相続財産ではなく、受取人固有の財産として扱われます。

 これにより、相続手続きがスムーズに進み、他の相続人との分割の必要がありません。

  • スピーディーな支払い:

 生命保険金は契約に基づいて支払われるため、相続手続きの進捗に関わらず、迅速に支払いが行われます。

 この点が遺産分割の協議が難しい状況であっても、税金の納付に使える「一時的な納税資金」として確保できる利点となります。

 ただし、生命保険は商品の性質上、金利や法律の変更によって有効な商品が提供されない場合もあります。

 また、保険会社によって対応が異なるため、複数の保険会社の商品を比較し、相談窓口に行くことが重要です。

 生命保険に関する取り決めや条件を理解し、早めに対応することが遺産計画の一環として重要です。