· 

相続時の税務対策や生前対策

 相続時の税務対策や生前対策に関する情報です。

  • 税理士の活用:

 生前から税理士に依頼して相続財産を把握し、対策を行うことで、相続発生時に慌てずに対応できる。

 税理士への報酬金を相続財産から支払うことで、相続税対策にもなる。

  • 相続税の試算:

 自分の相続財産を試算し、相続税がかかるかどうかを把握することが重要。

 平均基礎控除額や特例の適用を考慮して判断する。

  • 相続税対策としての遺言と信託:

 相続税対策には、「節税のための生前対策」と「死後のトラブル防止のための生前対策」がある。

 遺言や信託を活用することで、相続財産の処分や分配に関する特別な要望を実現できる。

 信託は財産を信頼できる受託者に委託する制度であり、特に「家族信託」が人気。

  • 家族信託の特徴:

 家族信託では、財産の管理を家族で決め、相続税が発生しないような中流層に適している。

 家族信託は、財産の管理を信頼できる人や専門の機関に任せるしくみ。

 相続においては計画的かつ効果的な対策が求められるため、これらの情報をもとに適切な対応を検討することが重要です。