税務調査が入りやすい相続者の特徴

 税務調査が入りやすい相続者の特徴についてです。

  • 税務調査入りやすい相続者の特徴:

 統計的に見ると、相続額が3000万円以上の場合、税務調査が入る確率が高まる(22%)。

 相続税の申告が不要であったり、特例が適用されて納税額がゼロであっても、基本的には調査がある場合がある。

 たtだし、相続税がかかったが少額で済んだ場合は、調査の可能性は低い。

  • 調査入りやすい人の条件:

 調査が入りやすいのは、相続税の税率が20%を超える人。

 具体的には、基礎控除分を除いて3000万円以上の相続をした人が対象。

  • 税率の高い相続者への調査入りの可能性:

 相続税の税率が高い人ほど調査の可能性が高まる。

 税率が異なる場合、同じ申告漏れ額でも、税率が高い人の方が調査の対象になりやすい。

  • 税率の高い相続者の調査効率:

 調査官にとっては、同じ申告漏れ額でも税率が高い相続者を調査する方が効率的である。

 税率が高い相続者からの追徴税が多くなるため。

 相続者は自身の税率や申告漏れに注意し、税務申告を正確に行うことが重要です。

 特に相続額や税率が一定の基準を超える場合、税務調査入りのリスクが高まることを理解することが役立ちます。