· 

公開物件と非公開物件

 不動産市場における公開物件と非公開物件についてです。

  • 公開物件と非公開物件の区分:

 不動産市場の取引物件は、公開物件と非公開物件に大別できる。

 公開物件は一般に情報が公開され、どの不動産仲介業者でも紹介可能。

 非公開物件は特定の人にのみ情報が提供され、広く公開されない。

  • 非公開物件の比率:

 全ての不動産市場に流通している物件のうち、約4割が非公開物件である。

 公開物件は残りの6割程度に過ぎない。

  • 公開物件に優良物件が少ない背景:

 不動産業者はまず自社で買い取るか、関係の深い第三者に紹介することが一般的。

 売れ残った場合に初めて公開物件となり、その数は市場の6割程度である。

  • 非公開物件の特徴と取引慣習:

 非公開物件は資金繰りなどの問題から急いで売却を希望する物件が多い。

 相続問題が絡む場合も非公開で進められることがある。

 非公開物件は、通常、ごく限られた数の人しか知ることができない。

  • 非公開物件のケース例:

 資金繰りの問題や投資不振により急いで売却を希望する不動産業者や個人投資家。

 相続問題により土地を売却する必要があるが、秘密裏に進めたいケース。

 

 非公開物件の存在は、情報の非対称性からくるものであり、特に急いで売却を希望する場合や懸念事項がある場合に選択されることが多いようです。