· 

相続における自宅不動産に関連する様々なトラブル

 相続における自宅不動産に関連する様々なトラブルや解決策について説明します。

 

1.   ケース別トラブル:

 ケース1:子が相続して住む:

 相続人が自宅を相続する場合、金融資産が不足すると均等な分割が難しくなる。

 自宅を売却すれば現金化は可能だが、住まいを失う可能性がある。

 ケース2:誰も住まない:

 子が既に別の家を持っている場合、相続した家が空き家になることがあり、問題が生じる可能性がある。

 ケース3:共有名義にする:

 自宅不動産の所有権を共有することはできるが、処分や利用が難しくなる可能性がある。

 

2.   自宅不動産の選択肢:

 住み続ける:

 相続人が住む場合、空き家の心配はないが、リフォームや建て替えが必要かもしれない。

 活用する:

 賃貸住宅に建て替えて収益を得ることが考えられるが、建て替え費用の課題がある。

 売却する:

 誰も住まない場合、売却して資金を得ることが考えられるが、市況や買い手の有無に影響を受ける可能性がある。

 老後資金に充てる:

 リバースモーゲージやリースバックを活用して老後資金を確保する方法も検討可能。

 

3.   不動産の終活に必要な手続き:

 評価額の調査:

 相続税や遺産分割のために、不動産の正確な評価額を知る必要がある。

 名義の変更:

 土地の名義が遺産を相続した人のままであれば、所有権移転登記を行う。

 境界の特定・測量:

 土地家屋調査士に依頼して、土地の境界や面積を確定させる。

 

4.   不動産の終活でしておくべきこと:

 希望を明確にする:

 亡くなった後の自宅不動産の希望を具体的に考える。

 相続人の意思確認:

 相続人がいれば、自宅不動産を相続するかどうかを確認する。

 活用や売却を考える:

 自宅不動産の将来の使い方や売却時期について検討する。

 税理士に相談:

 相続税がかかる可能性がある場合は、税理士に相談して適切な対策を考える。

 遺言書の作成:

 自宅不動産の将来の取り決めを含む遺言書を作成する。

 

 このような手続きや検討を行うことで、相続時のトラブルや問題を最小限に抑え、スムーズな処理を行うことが期待できます。