· 

資産状況を把握し、将来の相続や緊急時のトラブルを回避

 親の資産状況を把握し、将来の相続や緊急時のトラブルを回避するための手段について説明します。

 

1.   資産状況の把握の重要性

 親の資産は預貯金だけでなく、株や不動産、生命保険など複数の要素が含まれている。

 知らないままでいると、緊急時にお金の引き出しが難しかったり、相続時の手続きが複雑になる可能性がある。

 

2.   相続時の問題点

 親が亡くなった際、遺産分割が行われ、相続税の負担が発生する可能性がある。

 早めに資産を把握し、遺産分割方法について親と話し合っておくことが望ましい。

 

3.   資産の把握方法

 資産の一覧表を作成することが有益であり、預貯金、株式、投資信託、貸金庫、生命保険、不動産、借入金などを確認する。

 資産一覧表は親との話し合いや、生前に記入するエンディングノートを活用することが提案されている。

 

4.   エンディングノートの活用

 エンディングノートは終活の一環として、自身の情報や希望、資産のリストなどをまとめるノートである。

 親に対してエンディングノートを活用して、資産の情報を共有する方法が紹介されている。

 

5.   資産情報の引き出し方

 資産情報を引き出す際は、エンディングノートの利用や、親に直接聞くのが難しい場合は身近な例や少しずつ聞き出す方法が提案されている。

 

6.   財産の所在の把握

 資産の残高は変動するが、少なくとも口座の所在地や不動産の場所などを把握しておくことが重要である。

 相続税がかかりそうな場合は、専門家に相談して事前に見積もりを取ることが推奨されている。

 

7.   まとめ

 遺産分割を円滑に進めるためには、財産の内容を把握することが不可欠。

 親との話し合いが難しい場合は、エンディングノートや他の方法を利用して情報を共有し、専門家に相談することが役立つ。