· 

遊休不動産を相続した場合

 遊休不動産を相続した場合にどのような専門家や機関に相談すべきかについてです。

 

1.   相談先の選択肢:

 不動産を有効に活用するためには、まずは相談先を選択する必要があります。主な選択肢として、不動産会社、工務店・リフォーム会社、税理士、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、市役所などが挙げられます。

 

2.   不動産会社への相談:

 不動産会社は相続した不動産の相場や活用方法についてアドバイスを提供してくれる場合があります。売却を考えている場合には、不動産仲介会社に仲介を依頼することも一般的です。

 

3.   工務店・リフォーム会社への相談:

 建物の建設や修理を検討している場合、工務店やリフォーム会社に相談すると、法令上の制限や具体的な助言を得ることができます。

 

4.   税理士への相談:

 相続税がかかる可能性がある場合、税理士に相談することが重要です。不動産を活用した際の税務上の問題についてもアドバイスを受けることができます。

 

5.   弁護士への相談:

 法的なトラブルが発生している場合や解決策が必要な場合、弁護士に相談することが適切です。相続人間の紛争や隣地とのトラブルに対処できます。

 

6.   司法書士・土地家屋調査士への相談:

 司法書士は登記上の手続きを、土地家屋調査士は土地の測量や登記の変更手続きを担当します。土地を分割したり所有者を変更したい場合に相談が必要です。

7.   市役所への相談:

 市役所には相続した不動産を活用したい際の相談窓口がある場合があります。貸し出しや売却に関する手続きについて相談できます。

 

8.   自身の方針の明確化:

 どのように不動産を活用したいのか、売却するのか、貸し出すのかなど、自身の方針を明確にし、それをもとに相談を進めることが重要です。

 

9.   相談を進める際のポイント:

 相談を進める中で、答えが見えてくることもあるため、客観的な状況と自身の希望を把握しながら検討することが重要です。

 

 遊休不動産の相続は複雑な場合があり、専門家や機関との適切な相談を通じて、最良の選択をすることが重要です。