· 

土地相続における考え方や戦略

 土地相続における考え方や戦略についてです。

  • 土地への執着心と相続税の現実:

 地主は通常、土地に深い執着心を持っていますが、相続税の支払いのためには最終的には土地を売却せざるを得ないことがあります。

 これにより、一族の財産が次第に減少していく可能性があります。

  • 収益を生まない土地の売却必要性:

 収益を生まない土地は、将来的には価値が下がり、売却が難しくなる可能性が高い。

 このような土地は早めに売却するべきであり、相続人がそのツケを回すことなく現金化することが重要です。

  • 地方の土地価値の将来予測:

 地方の土地の資産価値は将来的にゼロになる可能性が高いとし、そのため無理に保有し続けるよりも早めに売却すべきです。

 土地の無駄な保有はリスクを生み出す可能性があります。

  • 賃貸経営の課題と売却の選択:

 土地を賃貸経営することも考えられますが、調子が良いのは最初の数年間だけであり、その後は賃料引下げや空室リスクに直面する可能性があります。

 そのため、現実的には土地を無理に保有するよりも売却する方が好ましい。

  • 相続前の準備と特例の活用:

 相続前に土地を売却しておくことが望ましいが、現実的には買主が見つからない場合もあるため、相続後に売却することも検討されます。

 相続後3年以内の売却には、相続税の特例があり、節税効果が期待できます。

  • 相続放棄のリスク:

 土地に多額のローンが残っている場合、相続放棄という選択もあるが、これにより金融機関との関係が悪化し、金融機関にとっても望ましくない状況になることがあります。

  • 土地の将来価値予測と収益性の低下:

 地価の上昇を期待する土地神話に対し、現実的な予測を行う必要があります。

 特に、収益性が低下した土地は早めに売却することが相続対策の基本であり、これにより節税効果が期待できます。

 土地相続において感情や信念だけでなく、将来予測やリスクを考慮した冷静な判断が求められます。