· 

最終的に減税できる方法

対策1: 孫に相続させる場合

  • 対象者:資産規模が3億円を超える方
  • 対策内容:孫に相続させることで、2割加算された相続税を払うことで、一族全体の税金の負担が少なくなる可能性がある。
  • 注意点:
  • 若い子どもに多額の財産を渡すことへの心配がある。
  • 孫が複数いる場合、将来的な喧嘩の可能性が心配。
  • 孫が将来、結婚相手によっては心配事が発生する可能性がある。

対策2: 兄弟姉妹が相続人の場合

  • 対象者:子どものいない方で、兄弟姉妹が相続人になる場合
  • 対策内容:遺言書で甥や姪に財産を残すことで、相続税の2割加算を避ける。相続人の人数が少なくなる可能性がある。
  • 注意点:
  • 兄弟姉妹の年齢や相続発生後の再相続リスクがある。

対策3: 贈与税を検討する

  • 対象者:代を飛ばして相続させる場合
  • 対策内容:贈与税には2割加算の制度がなく、平成27年からの優遇措置もある。相続税よりも贈与税が有利な可能性がある。
  • 注意点:贈与税の計画を早めに検討することが重要。

 まとめると、相続税が2割加算される制度に対する対策として、孫に相続させる、兄弟姉妹が相続人の場合に遺言書を活用する、贈与税を検討するといったアプローチがあります。

 各対策にはそれぞれの注意点やリスクが存在し、事前のシミュレーションやアドバイスのもとで検討することが重要です。