· 

相続税の税務調査と注意点

 相続税の税務調査と注意点

 

1. 税務調査の時期と手続き

 時期:多くの場合、相続税の税務調査は亡くなってから2年後の夏に行われる。

 通常、7月上旬に調査の依頼があり、日程は短期間で調整されることが一般的。
 
 調査官:調査官は2人一組で、亡くなった方の自宅や、亡くなった方の遺品が一番多く残っている場所を指定される。
 
 調査日程:調査は午前10時から午後4時まで行われ、途中に1時間のお昼休みがある。しかし、調査官に昼食をご馳走することは難しい。

 

2. 調査内容 

 個人の生い立ちや趣味:一見関係なさそうな質問も、相続税関連での資産申告漏れのチェックが目的。趣味によっては、関連する資産が相続税対象になる可能性がある。

 

 亡くなる直前の状況:通帳を誰が管理していたかに注目。亡くなる直前に大金を引き出すことが一般的であり、その現金の行方も調査の焦点となる。

 

3. 通帳の管理者と手元現金

 通帳の管理者:亡くなる直前に通帳を管理していた人が、通常は引き出したお金を管理していたと見なされる。

 多くの場合、奥様が通帳を管理している。

 手元現金:葬儀代などで亡くなる直前に引き出された現金も相続税の申告対象。手元現金の申告漏れが多く見られる。

 

4. 注意点と対策

 葬儀代の引き出し:葬儀代のために引き出すことは問題ないが、その金額を相続税の申告漏れなく申告する必要がある。

 資産の申告漏れ:趣味に関連する資産や、海外に銀行口座がある場合、それらの申告漏れには注意が必要。

 手元現金の申告:亡くなる直前に引き出された手元現金も、相続税の申告対象。正確な金額を確認し、漏れがないように注意。

 

総括

 相続税の税務調査は、一見関係なさそうな情報も徹底的に確認される。

 特に通帳の管理者や手元現金の取り扱いには注意が必要であり、これらの情報を正確に申告することが重要

 趣味に関連する資産や海外の口座など、通常は関係ないと思われるものも、相続税の申告においては確認される可能性があるため、正確な情報提供が求められる。