· 

不動産市場の変化や、特定の形状の土地

 リーマンショックをきっかけに発生した不動産市場の変化や、特定の形状の土地(例:100円パーキング、北側道路に面した土地)における投資の可能性についてです

  • リーマンショック後の土地活用:

 リーマンショック以降、不動産業者が購入した土地の多くが処分できないままで、その一部が駐車場に転用された。

 地価の下落により、土地の相場価格よりも高額な抵当権がついている場合があり、一部が時間貸し駐車場になっている。

  • 「100円パーキング」の投資機会:

 地価が下落している土地が100円パーキングとして活用されることがある。

 時間と交渉によって、手頃な価格でこれらの物件を取得できる可能性がある。

  • 北側道路に面した土地の特典:

 高度地区の制限により、北側に面した土地では容積率が高まり、効率的な物件が建てられる。

 道路の南側よりも容積率が高いため、狭い土地でも収益が上がる可能性がある

  • 騒音・日当たりの工夫:

 道路に面する北側の土地は騒音が心配されるが、廊下や共用階段の配置により騒音を緩和できる。

 南側には居室やバルコニーを配置することで、日当たりや快適な居住空間を確保できる。

 これらのポイントを考慮することで、リーマンショック後の不動産市場においても、特殊な土地形状や条件に投資することで、手頃な価格で収益物件を見つける可能性があります。