· 

相続対策の適切な順番

 相続対策の適切な順番と重要なポイントについてです。

  • 現状分析:

相続対策の第一歩は、現状分析です。相続時に発生するであろう問題点や相続税の発生額、家族の関係性などを精査します。

プロのアドバイスを受け、現状の把握を正確かつ包括的に行います。

  • 遺産分割対策:

相続発生時にどのように遺産を分割するかをあらかじめ計画します。

遺産の分け方によって相続税の額が大きく変動するため、慎重に検討する必要があります。

相続人全員が納得し、円満に相続できる方法を見つけることが重要です。

  • 遺言書の作成:

遺産分割の方針が固まったら、その内容を遺言書として残します。遺言書は法的に有効であり、遺産分けの意思を明確に表明できます。

遺言書の作成は家族全体で協力し、トラブルを未然に防ぐ手段として活用します。

  • 評価引下げ対策:

不動産や生命保険を活用して、相続税の評価額を引き下げる対策を検討します。これにより、相続税の軽減が期待できます。

適切な不動産の査定や生命保険の見直しを行い、相続時の評価額を最適化します。

  • 生前贈与対策:

生前贈与は相続対策の最終段階であり、他の対策が整った後に検討します。

生前贈与により、相続税を未然に回避したり軽減したりすることができます。

ただし、適切な範囲での贈与と、贈与税の考慮が必要です。

 

 相続対策は家族全体の協力が不可欠であり、トラブルの未然防止と円満な相続のためには計画的な進行が重要です。

 プロのアドバイスや専門家のサポートを得ながら、具体的な状況に合わせた対策を進めていくことが望ましいです。