· 

税務調査が行われることは比較的頻繁

 相続税申告において、税務調査が行われることは比較的頻繁であり、その際には注意が必要です。

  • 税務調査の頻度と影響:

相続税申告においては、約8件に1件で税務調査が行われるという頻度があります。

一度税務調査が行われると、多くの場合、追徴課税が発生し、本来の税金に加えて罰金や利息が課せられる可能性が高まります。

  • 生前贈与の隠蔽と調査官の質問:

生前贈与が税務調査で発覚するケースがあります。

調査官は生前贈与についても質問してくる可能性があります。

生前贈与が隠されている場合、調査官はそれを明らかにし、相続税の申告漏れに対処することがあります。

  • 調査官の質問内容:

調査官は相続人や税理士に対し、亡くなる直前の状況や通帳の管理者に関する質問を行います。

通帳の引き出しや金銭の動きに関する質問は、葬儀費用や生前贈与などの要因を確認するためです。

  • 葬儀費用と現金引き出し:

亡くなる直前に現金を引き出すことは葬儀費用の支払いに関連している場合があります。

このような引き出しに対しても、相続税申告の際には正確に申告する必要があります。

  • 生前贈与の申告漏れに注意:

生前贈与は隠すことなく正確に申告することが重要です。

申告漏れが発覚すると、追徴課税や罰金、利息が発生する可能性があります。

  • 事前の対策と注意:

生前贈与や財産の管理に関するトラブルを避けるために、相続税申告前に専門家と相談し、事前に対策を検討することが望ましいです。

 

 総じて、正確で適切な相続税申告が重要です。

 また、調査官とのやり取りでは冷静に対応し、事実を正確に伝えることが肝要です。

 生前からの遺産の取り決めや贈与に関する透明性は、トラブルを未然に防ぐ一助となります。