· 

デジタル遺品に関する相続

 デジタル遺品に関する相続、故人のスマートフォンやパソコンを通じて資産や支払い情報を探す手法についてです。

 

1.   故人のスマートフォンの利用を調査する:

 スマートフォンのホーム画面やアプリ一覧画面をチェックし、金融機関や仮想通貨取引所などの関連アプリを見つけることができる。

 連係している口座や支払い情報を確認するために、ペイアプリ(Apple Pay、Google Payなど)も注目すべきである。

 動画や電子書籍のサービス、クラウドサービスの上位コースなどの有料サービスもアプリから確認できる。

 

2.   スマートフォンで見つからない場合の次善策:

 故人がスマートフォンをあまり使っていないか、アクセスできない場合は、パソコンの情報も調査する。

 インターネットブラウザーのブックマークや閲覧履歴、メールを通じて金融機関の情報を見つける。

 アナログ情報も有効であり、紙の通帳やクレジットカードの取引履歴、郵送物からお金の流れを追跡することができる。

 

3.   口づての情報も重要:

 友人や同僚からの口づての情報も重要であり、プライベートなへそくり口座の存在を知る手がかりとなる。

 

4.   デジタルとアナログの組み合わせ:

 デジタルとアナログの情報を組み合わせて調査することが有効であり、電子ガス水道、電話、インターネット回線などの支払い状況も追跡する。

 

5.   デジタル遺品に関する継続的な調査:

 デジタルにまつわる相続や終活の問題に対する理解を深め、継続的な調査や対策を行うことが重要である。