· 

アパートの生前贈与

 アパートの生前贈与に関するデメリットや注意点についてです。

 

1.   土地の相続税評価額の注意:

 アパートが建っている土地は「貸家建付地」として相続税が計算されますが、入居者の入れ替わりがあると自用地評価になり、相続税評価額が上昇する可能性があります。

 

2.   負担付贈与のリスク:

 負担付贈与では、贈与財産の時価から債務を差し引いた額に対して贈与税がかかり、相続者も所得税が課せられます。

 総合的にデメリットが多いため、検討が必要です。

 

3.   敷金の扱いに注意:

 贈与に際して敷金を引き継ぐと、負担付贈与と見なされる可能性があるため、巧妙な方法で対処する必要があります。

 

4.   諸費用の負担:

 アパートの生前贈与には不動産取得税や登記費用などの諸費用がかかります。これらの負担も考慮する必要があります。

 

5.   専門家への報酬:

 生前贈与の手続きには専門家のサポートが必要であり、その報酬も含めて計画を進める必要があります。

 

6.   他の相続人との調整:

 アパートを贈与する場合、他の相続人が不公平感を抱く可能性があるため、バランスを取る工夫が必要です。

 

7.   相続トラブルへの注意:

 生前贈与を受けなかった相続人が不満を抱くことで相続トラブルが発生する可能性があるため、円満な相続プランを検討することが重要です。

 

8.   比較的複雑な選択:

 アパートの生前贈与は、税務や法的な観点から見ると比較的複雑な選択であるため、慎重な計画と専門家の助言が必要です。

 

 最適な相続プランを立てるには、個々の状況や法的な制約を考慮しながら、デメリットやリスクにも十分な注意を払うことが重要です。