· 

自宅を売却した場合にかかる税金

 自宅を売却した場合にかかる税金や特例についてです。

 

1.   自宅を売却した場合の税金(譲渡所得税):

 売却代金 - (取得費 + 譲渡費用) = 譲渡所得

 取得費は購入代金や手数料、リフォーム費用などを含む。

 譲渡所得がマイナスの場合は税金はかからない。

 

2.   親の生前に自宅を売却した場合の所得税の特例:

 3000万円の特別控除の特例があり、親が自宅を売却した場合に適用される。

 特例は自宅で使っていた場合に限り、所有期間に応じて税率が変動する。

 10年以上所有していれば軽減税率の特例も併用可能。

 

3.   親の死後、実家を相続する場合の相続税の特例:

 小規模宅地等の評価減の特例があり、特定の要件を満たす場合に相続税評価額を80%減額できる。

 

4.   親の死後、実家を相続してから売却する場合の所得税の特例:

 空き家になってからでも使える「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」があり、最高3000万円まで控除が受けられる。

 相続から3年10カ月以内に相続税を取得費に加算する特例がある。

 

5.   まとめ:

 売却のタイミングは子供の持ち家の有無や実家の築年数、相続後の期限などによって異なる。

 特例を比較し、それぞれの条件に合ったタイミングを見極めることが重要。

 

 注意点:

 各特例は条件があり、具体的な状況によって利用できるものが変わる。

 税務に関する相談は税理士や専門家に行うことが望ましい。