· 

不動産購入がおすすめできる人

 不動産購入がおすすめできる人についてのポイントです。

  • 「不動産投資が好きな人」:

 不動産投資自体が好きで、ビジネス感覚で投資を行う人は、相続税対策だけでなく、資産運用の一環として不動産を購入することが良いとされています。

 資産価値の変動やリスクを検討した上で、不動産投資を好む人にとっては良い選択となります。

  • 「元々、土地を持っている人」:

 地主や土地所有者が、更地にしておくのはもったいないと考え、アパートや建物を建てることを検討する場合、リスクが低くなります。

 建築費用だけで投資できるため、節税効果を期待しつつも、元々土地を所有している人にとっては良い選択となるでしょう。

  • 「家族仲が良い人」:

 遺産分割が複雑になっても、家族仲が良く、話し合いで問題を解決できる人にとっては、不動産購入がおすすめされています。

 家族の意見や合意形成が円滑であれば、遺産分割の問題を和らげることができます。

 これらの条件が揃っている場合、不動産購入は相続税対策だけでなく、資産運用やビジネスとして良い選択となるとされています。

 しかし、知識が不足している状態で安易に不動産を購入することは避けるべきだとも指摘されます。