· 

不動産購入で相続税対策

「不動産購入で相続税対策…すすめられない3つの理由」について

  • 資産価値の減少リスク:

 不動産の購入によって相続税を節税する場合、資産価値そのものが下がると、節税以上に損をする可能性があります。

 税金対策だけでなく、資産価値の変動に対するリスクを注意深く検討する必要があります。

  • 税務調査でのリスク:

 過去の裁判事例から、相続税対策だけで購入した不動産に対して、税務調査で否認されるリスクがあることが指摘されます。

 不動産の評価においては、相続税評価額ではなく、不動産鑑定士の鑑定を取り入れることが推奨されます。

 銀行の融資稟議書に「相続税対策」と記載がある場合、課税当局から不利な見方を受ける可能性があることも示唆されます。

  • 遺産分割の複雑化:

 不動産を購入することで金融資産が減少し、遺産分割が複雑になる可能性があります。

 遺産分割を円滑に進めるためには、相続争いや遺産分割に関するトラブルを避ける対策が必要です。

 これらの理由から、単純に不動産を購入して相続税対策をすることはリスクが伴い、慎重に検討する必要があります。