· 

感情面の対策も不可欠

 相続においては、経済的な対策だけでなく、感情面の対策も不可欠であります。

  • 「生前対策」の重要性:

 節税対策だけでなく、経済的な対策と同じくらいに、感情面の対策が重要です。

 相続はオーダーメードで考えるべきであり、一般的な解決策が必ずしも適用されるわけではありません。

  • コミュニケーションの重要性:

 相続させる立場の人々に対して、お互いの気持ちや考えを尊重し、コミュニケーションを取ることが不可欠です。

 自分の意思や気持ちを伝えるだけでなく、相続する人々の意見を聞くことも重要です。

  • 相続させる人の本音:

 例えば、子どもにお金を知らせることに対する不安や期待、お金を残すかどうかに対する悩みなど、相続させる人の本音が様々あります。

 これらの本音を理解し、コミュニケーションを通じて解決策を見つけることが大切です。

  • 相続する子どもの本音:

 相続になっても家族やきょうだいとの問題を避けたい、相続税をできるだけ節税したい、等分が当たり前だと思う、など、相続する子どもたちの本音も多岐にわたります。

 コミュニケーションを通じて、これらの本音に対する理解を深めることが必要です。

  • オープンな相続の大切さ:

 相続において、しこりを残さないためにはオープンな対話が重要です。

 隠さずに話し合い、透明性を持たせることで、信頼関係が築かれ、家族全体が不安なく相続を進めることができます。

  • 相続における信頼関係の保持:

 親子やきょうだいの信頼関係が相続において原点であります。

 普段からの積み重ねがないと信頼関係は保たれないため、家族全体でコミュニケーションを重ねることが重要です。

 相続は個々の事情や感情に影響されやすいものであり、普段からのコミュニケーションや生前対策が、円満な相続の実現に貢献します。