· 

相続対策の本質

相続対策の本質:

 相続対策には現状把握、税額計算、遺産分割対策、納税資金対策、節税対策といった5つの要素があります。

 

優先すべき順序:

 相続対策は「遺産分割対策」→「納税資金対策」→「節税対策」の順序で進めるべきであり、逆にするべきではない。

 

家族の幸福を最優先:

 相続対策を進める際には、税金の安さだけでなく、遺された家族の幸福を最優先に考えるべきである。

 

経済合理性と家族の幸福:

 家族の幸福を考えた結果、税金も安くなるというのが相続対策の極意である。

 

最後まで考えるべきポイント:

 人生最後まで、遺された家族が最も幸福になるような相続対策を進めることが重要である。

 総じて、相続対策は単なる税金の節約だけでなく、家族の幸福を考えながらバランスよく進めることが求められます。