信託監督人とは

  1. 信託監督人の検討:
    • 受益者が受託者を十分にチェックできない場合、信託監督人の設置を検討することが重要。
    • 家族内での信託監督人の設置には、家族会議や定期報告の仕組みが役立つ。
    • 家族構成や関係性によっては、信託監督人の設置が難しい場合もあり、その際は家族外の第三者を検討する。
  2. 信託監督人の選定:
    • 信託監督人には資格制限はなく、法律専門職が多く選ばれる。
    • 家族の感情や確執を避けるため、家族外の第三者を信託監督人に選ぶことが一般的。
    • 税理士が信託監督人になる場合、中立性や客観性の確保に注意が必要。
  3. 信託監督人の役割:
    • 信託監督人は、受託者の業務を定期的に監視し、受益者や家族に報告する責務がある。
    • 信託監督人の権限や役割は契約により自由に定めることができ、例えば不動産の処分に関する承認を求めることができる。
  4. 信託監督人の義務:
    • 信託監督人は、受益者の利益を守り、受託者が信託目的に反する行為をしていないか確認する責務がある。
    • 注意勧告や是正を促し、改善が見込まれない場合は解任権限を有する。
  5. 信託監督人の客観的役割:
    • 信託監督人は、客観的かつ冷静に受益者や受託者に寄り添い、最適な方策を選択・実行することが期待される。
    • 受託者と信託監督人は対立する関係ではなく、協力して受益者や家族にとって最良の結果を追求することが理想的。

 

 信託契約の設計や信託監督人の役割は具体的な状況や家族のニーズによって変わるため、専門の法律アドバイザーとの相談が重要です。