· 

家族信託のメリット・デメリット

 家族信託のメリット・デメリット

 メリット:

 

  1. 柔軟な土地管理・活用: 家族信託を通じて、土地の管理・活用が委託者の状況に関係なく行えるため、不動産事業を柔軟に進めることが可能です。
  2. 緊急時の対応: 親が認知症や健康状態が悪化した場合でも、子どもが意思決定を行い、土地の活用や事業の進行ができます。これにより、緊急時の対応が可能となります。
  3. 共有名義回避: 家族信託を活用することで、土地の共有名義に関する手続きや問題を回避でき、効率的に不動産の管理・活用ができます。
  4. 税金優遇: 不動産取得税や贈与税がかからない場合があり、相続税の節税効果も期待できます。

デメリット:

  1. 明確でないルール: 家族信託制度が新しいため、ルールが明確でない部分が存在します。結論が出ていない点が多く、専門家の意見が分かれている場合があります。
  2. 専門家の不足: 家族信託に対応できる専門家が少ないため、信託契約の作成だけでなく、その後のフォローや変更に対応できる専門家の選定が難しいことがあります。
  3. 損益通算の制約: 信託した不動産事業は他の事業との損益通算ができず、損失の繰越もできません。特に不動産事業においては重要なデメリットとなります。
  4. 長期間の契約: 家族信託契約は長期にわたりますが、契約書の内容が長期的な信託に対応していない場合、途中での問題解決が難しくなります。例えば、受託者が事故に遭った場合の対応など、将来の事態に備えた決定が必要です。

 

 総じて、家族信託は柔軟性や緊急時の対応に優れていますが、専門家の不足や制約があるため、慎重に計画し、信頼できる専門家のアドバイスを受けることが重要です。