· 

家族信託と遺留分

 家族信託と遺留分に関する要点

 

 

  1. 家族信託とは:
    • 老親の財産管理や処分を子世代に託す制度。
    • 信託財産は法律上・税務上で親の財産とは隔離された信託受益権として扱われる。
  2. 信託契約の機能:
    • 世代をまたいで資産承継先を指定可能。
    • 複数段階の帰属権利者指定により円滑な資産承継を可能とする。
  3. 遺留分との関係:
    • 信託財産は遺留分請求が及ばないとする立場もあったが、現在では異なる見解も存在。
    • 遺留分請求を逃れるための信託契約は無効とされる可能性あり。
  4. 地裁判決の影響:
    • 信託財産も遺留分侵害額請求の対象となる。
    • 遺留分請求を回避する目的の信託契約は無効となる可能性。
  5. 対策の必要性:
    • 遺留分請求はほぼ確実に発生するため、信託契約には慎重に対策を講じる必要がある。
    • 家族の合意形成や第三者の助言を得ることが重要。
  6. 家族のコミュニケーション:
    • 親と子の間で、老後や資産承継に関する希望や意向を明確に伝え合うことが不可欠。
    • 家族会議を通じた円滑な話し合いが重要。
  7. 異なる対策手段:
    • 遺言書、生命保険、生前贈与、生前売買、養子縁組など、複数の手段を検討。
    • 専門家のアドバイスを得ながら、慎重かつ適切な対策を実行する。
  8. 遺留分を侵害する理由の明確化:
    • 遺留分を侵害する理由を文書で明示し、家族に説明することが家族関係を維持する一助となる。
  9. 覚悟と専門家の協力:
    • 遺留分侵害の対策には覚悟が必要。家族信託だけでなく、総合的なアプローチが求められる。
    • 法律・税務専門家の協力を得ながら、最適な戦略を検討する。