· 

目的別に見る家族信託の利用事例

1. 目的別に見る家族信託の利用事例

 

 1.1 目的: 認知症対策

  • 事例: 親の認知症リスクを考慮し、不動産を信託。信託後、子が柔軟に売買契約を締結し、親の施設費用を賄える。

 1.2 目的: 次世代への相続計画

  • 事例: 土地の相続をスムーズに進めたい場合、遺言書では不可能な「信託」を利用。特定の相続順位や条件を定めることが可能。

 1.3 目的: 不動産トラブル回避

  • 事例: 共有で生じる不動産トラブルを予防。土地を信託し、受託者が一元的に管理。売却や賃貸契約などを迅速かつスムーズに進める。

 1.4 目的: 遺言以外の相続方法

  • 事例: 遺言が不得意な場合、家族信託を検討。柔軟性が高く、特定の事項や条件を明確に設定可能。

 1.5 目的: 万が一の時の生活費確保

  • 事例: 個人の倒産隔離機能を活かし、信託した資産を自分自身に信託。個人破産時に資産が安全に保たれ、生活費の確保が可能。

 2. 相続税対策と資産運用

 2.1 目的: 相続税対策

  • 事例: 相続時の財産を減少させ、相続税の軽減を図る。信託契約で具体的な相続税の支払い条件を取り決める。

 2.2 目的: 資産の運用を子どもに委任

  • 事例: 子どもたちに資産の運用権を委任し、将来的にその成果を享受。同時に、相続時の手続きを簡素化。

 2.3 目的: 特定の用途への資産充て

  • 事例: 資産を将来の特定の目的(教育資金、医療費用など)に充てる。信託契約で具体的な条件や用途を指定。

 2.4 目的: 事業の継承

  • 事例: 事業家が事業を家族信託で管理。経営権や条件を設定し、子どもたちに円滑な継承を実現。

 2.5 目的: 特定の人への資産残す

 

  • 事例: 親しい友人や信頼できるビジネスパートナーに資産を残す。信託契約で条件を具体的に設定し、法的手続きを簡素化。