· 

家族信託に関する危険なパターン

 家族信託に関する危険なパターンについての説明です。

 

  1. 自分たちで契約書を作成し、無効な内容になっている:
    • 信託法や家族信託の実務を理解していない場合、法的に問題のある契約書が作成される可能性があります。これにより、契約が無効になり、実効性がなくなる可能性があります。
  2. 公正証書を作成せず、トラブルになる:
    • 信託契約書が公正証書になっていない場合、委託者が判断能力を喪失したり亡くなった後にトラブルが生じる可能性が高まります。
  3. 理解力が著しく低下した段階で契約書を交わして無効になる:
    • 老親の理解力や判断能力が著しく低下している場合、有効な契約が成立しない可能性があります。
  4. 信託口座を開設できない:
    • 信託財産を管理するための信託口座を開設できない場合、資産の適切な管理が難しくなります。
  5. 信託できない財産を対象にした:
    • 信託契約書に記載された財産が実務上有効でない場合、信託の目的が達成されない可能性があります。
  6. 抵当権つきの不動産を対象にした:
    • 金融機関の承諾を得ずに抵当権つきの不動産を信託財産にすると、問題が生じる可能性があります。
  7. 遺留分トラブルが発生:
    • 家族信託の財産が老親の相続時に遺留分の対象から除外されない可能性があり、トラブルが生じることがあります。
  8. 受益者へ高額な贈与税がかかった:
    • 老親が受益者であり、贈与税の課税リスクがある場合、それに対処する必要があります。
  9. 損益通算できなくなって所得税が高額に:
    • 信託財産からの損失が通算できない場合、所得税が高額になる可能性があります。
  10. 実際に支払う専門家報酬が高額になった:
    • 家族信託の設計・実行に関連する専門家の報酬が高額で、維持費などの追加コストが予想外に発生する可能性があります。
  11. 知識やスキルの足りない専門家に依頼してしまった:
    • 家族信託の長期的な管理には十分な知識が必要であり、専門家が不適切な場合、サポートが得られない可能性があります。

 

 これらの危険なパターンからのリスクを最小限に抑えるためには、信頼性のある専門家に相談し、家族信託の設計や実行について慎重に進めることが重要です。