· 

成年後見人に親族がなる場合

 成年後見人に親族がなる場合、いくつかのトラブルが発生する可能性があります。

 

  1. 成年後見人による財産の使い込み
    • 対処法: 被後見人の親族や他の利害関係者が不正行為を疑う場合は、後見監督人の選任を申し立てることができます。
    • 後見監督人は成年後見人の行為を監督し、不正行為があれば裁判所に報告する責務があります。
  2. 親族間でのトラブルの原因となる
    • 対処法: 親族間の対立が発生した場合、裁判所に成年後見人の解任を請求することができます。
    • また、後見監督人を通じてトラブルを和解しようとすることも一つの手段です。
  3. 事務の負担が大きいため、成年後見人による職務怠慢が起きる
    • 対処法: 成年後見人の負担軽減のために、裁判所に後見人の解任を請求することができます。
    • また、後見監督人によるサポートを求めることも考えられます。

対処法の詳細:

  1. 後見監督人の選任を申し立てる
    • 成年後見人の不正行為を疑う場合、親族や他の利害関係者は裁判所に対し、後見監督人の選任を求めることができます。後見監督人は成年後見人の行為を監督し、必要に応じて報告を行います。
  2. 成年後見人の解任を申し立てる
    • 不正行為や職務怠慢が認められた場合、裁判所に成年後見人の解任を請求することができます。
    • 解任を申し立てる際は、具体的な不正行為や理由を示す必要があります。
  3. 損害賠償を請求する
    • 成年後見人が故意または過失によって本人の権利を侵害した場合、損害賠償を請求することができます。
    • 後見人が解任された後、新たな後見人を通じて請求手続きを進めることが考えられます。
  4. 弁護士や第三者に成年後見を依頼する
    • 親族によるトラブルを回避するためには、弁護士や司法書士などの第三者に成年後見人として選任してもらうことが考えられます。
    • 裁判所が適切な後見人を選任してくれる場合もあります。
  5. 任意後見契約を締結する
    • 本人がまだ判断能力があるうちに、弁護士などと任意後見契約を締結することができます。この契約では、本人が自ら後見人を選択し、具体的な後見内容を定めることが可能です。

 

 総じて、成年後見人に親族がなる場合でもトラブルを未然に防ぐためには、慎重かつ透明性のある手続きを行うことが重要です。