· 

終活のデメリット

終活のデメリットや注意すべき点


1. 終活のデメリット
不安感やストレスの増加:

 終活は自分が亡くなった際のことを考える必要があり、これによって不安を感じることがあります。

 また、すべて一人で事前に準備しようと頑張りすぎてしまい、ストレスを感じることがあります。これは終活そのものが感情的に重いものとなりがちであるためです。


2. 家族と終活の情報を共有する
情報共有の重要性:

 終活の内容を家族や周囲の人に共有しないまま進めると、亡くなった後の手続きや希望事項に関する不明瞭な点が生じ、トラブルの原因となります。

 エンディングノートや遺言書などの情報は適切に共有し、理解を得ておくことが重要です。


3. デジタル終活を忘れない
デジタルデータの整理と共有:

 デジタル終活を怠ると、亡くなった後もスマートフォンやパソコンに残された個人情報が悪用される可能性があります。

 デジタルアセットの整理やアカウントの管理、ログイン情報の共有なども終活において重要なポイントです。


4. 弁護士など専門家に相談する
専門家のアドバイスの重要性:

 終活に関する法的な問題や複雑な相続手続きは一般の知識では難しい場合があります。

 弁護士や税理士、ファイナンシャルプランナーなどの専門家のアドバイスを得ることで、正確かつ効果的な対策を講じることができます。


5. 終活に関するよくある質問

Q1. 終活はいつから(何歳から)始めればよい?

個人の状況によるが早めの始動が有益: 一般的には60代から終活を意識し始めることが多いですが、個人の状況により異なります。健康状態やライフスタイルに不安を感じた時点で始めるべきであり、認知症などで判断能力が衰えてしまう前に進めることが望ましいです。

 

Q2. おひとりさまも終活は必要?

終活は誰にでも有益: 終活はおひとりさまも含め、誰にでも有益です。孤独死の防止や最期の希望を伝えることは、一人ひとりの人生に対して重要な意味を持ちます。

 

Q3. エンディングノートと遺言書の違いは?

法的効力の有無: エンディングノートは遺言書とは異なり、法的な効力はありません。エンディングノートは感謝のメッセージや遺言に近いものであり、法的手続きには遺言書が必要です。

 

6. まとめ 終活支援に力を入れる弁護士事務所に相談を

 

専門家のサポートが重要:

 終活においては、専門家のサポートが重要です。

 弁護士事務所などが終活支援に力を入れている場合、それらの専門家に相談することで、法的なトラブルや手続きに対する不安を解消できます。

 終活を進める上で、冷静かつ効果的なアドバイスが得られるでしょう。