· 

生前贈与の重要性

  • 生前贈与の重要性:

 生前贈与は、将来的な相続財産を事前に贈与する手段の一つとして挙げられています。

 被相続人が生きているうちに、配偶者や子ども、孫などに財産を贈与することで、相続税の対象となる財産を減らすことができます。

  • 生前贈与のメリット:

 節税対策としての効果のほか、被相続人の意思を明確にする点でもメリットがあります。

 贈与を受けた人には原則として贈与税がかかりますが、年間110万円の非課税枠を利用することで、有効な節税効果が期待できます。

  • 贈与税の基礎控除額:

 年間110万円の非課税枠は「贈与税の基礎控除額」と呼ばれ、贈与を受けた人一人につきこの額までが非課税とされます。

 この基礎控除額を利用することで、贈与による節税が可能です。

  • 贈与対象者の制限なし:

 贈与する相手には法定相続人に限定されず、例えば子どもの配偶者や孫でも構いません。

 例として、妻、子ども、孫など10人にそれぞれ110万円ずつ贈与する場合、年間1,100万円までが非課税で贈与できます。

  • 条件と税務調査への注意:

 贈与として法的に認められるためには条件があり、税務調査の際に指摘事項となりやすいので注意が必要です。