· 

相続に関連するトラブルを未然に

 相続に関連するトラブルを未然に防ぐために、財産の棚卸しを行うことが重要です。

  • 相続トラブルの根本原因:

 相続に関連するトラブルは、実際に相続が発生して初めて問題が浮き彫りになることが多い。

 これは、相続前には見えていなかった潜在的なリスク要因があるためである。

  • トラブルの予防:

 財産に潜む危険因子を見つけることが、相続トラブルの予防の第一歩である。

 不動産に関するトラブル解決のためには、まず財産の「棚卸」を行う必要がある。

  • 不動産の選別:

 財産の棚卸しは、不動産の評価から始まり、推定税額や土地の特性に基づいて、継続して持つべきか手放すべきかを選別する手段となる。

  • 基礎資料の収集:

 財産の棚卸しには基礎資料の収集が不可欠であり、特に固定資産税の通知書と名寄せ帳が重要である。

 これらの情報をもとに、土地の所有状況を把握することが可能となる。

  • 固定資産税の通知書の利用:

 固定資産税の通知書は、課税されている土地に関する詳細情報を提供し、所有する土地を確認する手段として役立つ。

  • 名寄せ帳の利用:

 名寄せ帳は不動産の一覧表であり、自治体ごとに発行されている。

 課税されていない土地も含めて、名寄せ帳を活用することで全体像を把握できる。

  • 名寄せ帳の注意点:

 名寄せ帳は自治体ごとに書式が異なり、データの解釈が煩雑である。

 専門家の協力を得ることで、データの整理がスムーズに進む可能性がある。

 相続に関わる財産の評価や整理において、基礎的な情報収集が重要であり、特に不動産に関する資料の確認がトラブル回避の鍵である。