· 

同時死亡の場合

 同時死亡の場合、嫁である子さんが相続において不利な立場に置かれ、その問題を避けるための対策や周囲の理解を得る必要性があります。

 

  • 同居しているが相続に不利な立場:

 和子さんの場合、夫と義父が同時に死亡した際、夫の財産は相続できたが、義父の財産は相続できなかったという状況です。

 このようなケースで子供がいない夫婦は、相続において不利な立場に立たされる可能性があります。

  • 遺言書改正の動き:

 現在、法制審議会では、配偶者の遺産相続を手厚く拡大する方向で民法を改正する作業が進められていると言われています。

 これにより、嫁や同様の状況にある人々に対する法的な保護が向上する可能性があります。

  • 周囲の理解と遺言書の重要性:

 同様の立場にある女性が不利な状況に陥らないようにするためには、周囲の理解を得ることが重要です。

 遺言書を作成しており、子さんを養子にするなど、遺言書を通じてお互いの意思を明確にすることが提案されています。

  • 終活期の心構え:

 終活期においては、「逝くもの後を乱さず」という心構えが重要であり、遺言書を残さずにいれば、遺された者が苦労する可能性があります。

 遺言書を書くことで、相続に関する問題やトラブルを予防します。

  • 遺言書の重要性と早めの対策:

 遺言書がないと、相続において問題が生じ、遺された者が苦労することが多いと指摘されています。

 したがって、遺言書を作成して早めにトラブルの予防を行うことが必要であります。