· 

老後生活における経済的な側面

 老後生活における経済的な側面や資産の整理についてです。

  • 老後生活のお金の必要性:

 高齢夫婦の無職世帯の場合、1か月の生活にかかる平均費用は27万5706円で、年金収入が平均21万3379円と比較して毎月6万円以上不足しているとされています。

 また、ゆとりある老後生活のためには1か月あたり35.4万円が必要とされ、15年間で6372万円が必要になります。

  • 老後生活の資金調達:

 夫婦での平均年金受給額が20万円程度であるため、足りない分は貯金や資産の取り崩しに頼る必要があります。

 足りない資金はどこから捻出するかが問題とされています。

  • 介護や医療に必要な資金:

 35.4万円の中には、介護や医療に必要な資金は含まれておらず、健康が前提とされています。

 介護が始まると初期費用として300万円がかかるとされ、予測できない病気や老化に備える必要があります。

  • 親の資産状況の把握の重要性:

 親の資産状況を把握することがポイントです。

 預金口座、不動産、保険、ローンや借金、有価証券などを確認し、無駄を省くことが先決とされます。

  • ポイントとなる資産の種類:

 預金口座、不動産、保険、ローンや借金、有価証券などが資産の中でポイントとされます。

 これらの資産を見直し、必要のないものは解約するなどして無駄を省くことが大切です。

 老後の資金不足に備え、介護や医療に必要な資金を確保するための計画を立てることが求められます。