· 

賃貸住宅の建設が増加している理由

 人口減少社会において賃貸住宅の建設が増加している理由と、その背後にある相続税対策の影響についてです。

  • 人口減少社会と空き家問題:

 人口減少により、空き家や空き部屋が増加し、それが家賃や不動産価格の下落につながる懸念がある。

 この悪循環は、出生率の向上や移民受け入れがない限り深刻化する可能性がある。

  • 賃貸住宅の増加と背後の要因:

 賃貸住宅の着工戸数は、リーマンショック後に一時的に落ち込んだが、2011年以降は増加傾向にある。

 この増加には、アベノミクス効果、海外投資家による不動産買い、東京オリンピックによる不動産価格上昇への期待など複数の要因が影響している。

 

 2015年の相続税改正が一因として挙げられ、相続税対策としてアパート建設が増えた。

  • 相続税対策としてのアパート建設:

 相続税対策として、アパートやマンションの建設が増加している。

 特に首都圏ではアパートの空室率が悪化し、相続税対策としての建設が一因とされている。

  • 賃貸経営のリスクと注意点:

 賃貸物件は正しく経営すれば不労所得を生み出すが、経営を誤ると不良資産になるリスクがある。

 不動産は売買が難しく、損失を回収することが難しいため、慎重な経営が求められる。

 賃貸経営は「養子縁組をしたようなもの」とされ、慎重なマネジメントが必要。

 相続税対策や不動産市況の変動が、賃貸住宅の建設に影響を与え、賃貸経営においてはリスクがあることがわかります。