· 

賃貸経営に手を出す際の潜在的なリスク

 賃貸経営に手を出す際の潜在的なリスクと、営業マンが用いる巧妙な手法についてです。

  • 賃貸物件の失敗事例:

 地方の郊外エリアで、高層マンションが立ち並ぶが入居者がおらず、ゴーストマンションとなる光景が見受けられる。

 以前は「アパート経営は土地さえあればできる」とされたが、現在は需要・供給のバランスや地域差により、「勝ち組」と「負け組」が明確に分かれる。

  • 賃貸経営における選別の重要性:

 同じ条件の土地や物件でも、賃貸経営が成功するケースと失敗するケースがある。

 地域や物件によって需要が異なり、供給過剰傾向にある中で、慎重な選別が必要。

  • プロの営業トークに注意:

 営業マンはセミナーや訪問を通じて相続税課税対象者を集客し、賃貸経営の提案を行う。

 地元の仲介・管理会社がオーナーに話を持ちかけ、住宅メーカーなどの関連企業を紹介するサイクルが機能している。

 営業マンは「相続税の失敗事例」や「賃貸経営成功事例」を引き合いに出し、恐怖心を煽る手法を用いる。

  • 巧妙なトークマニュアルの使用:

 営業マンは厳しいノルマに追われ、トークマニュアルを駆使して感情に訴える手法を用いる。

 ケースバイケースで柔軟に対応し、相手を動揺させ、信じさせるプロの手法を有している。

  • 業界における手口の例:

 営業マンは慰問をかねた営業攻勢をかけ、亡くなった家のご当主の葬儀の翌日に相続に向けた対策を促す。

 賃貸経営におけるリスクや巧妙な営業手法に対する注意が喚起されます。

 特に相続税対策の名目で誘導される場合、冷静な判断が必要であります。