· 

家賃保証のデメリットや注意点

 賃貸経営における家賃保証のデメリットや注意点です。

 

  • 管理費用の多くはオーナー負担:

 家賃保証契約の際、管理業務は管理会社に委託されるが、建物の維持管理に必要な費用の大部分はオーナーが負担する。

 リフォームや日常的なメンテナンス、植栽の管理、災害による損傷などのコストはオーナーが負担する。

  • 制度改正によるオーナー負担増加:

 東京都では2004年に「東京ルール」が制定され、敷金の清算において、経年変化や通常の使用による損耗などの復旧に要する費用は全てオーナーが負担することになった。

  • 管理会社指定業者による高額な工費:

 空室が続く場合、管理会社の指定業者による修繕や改装が頻繁に求められ、これには高額な工費がかかる可能性がある。

 拒否すると契約解除のリスクがある。

  • 家賃保証のメリットとデメリットのバランス:

 家賃保証は空室リスクを軽減できるが、契約賃料の引き下げリスクやオーナーが負担する費用がある。

 家賃保証を利用する際には、メリットとデメリットを十分に理解し、契約全体の内容を確認することが重要。

  • 経営の手綱は管理会社に:

 家賃保証契約においては、オーナーは管理の手間は省けるが、経営の手綱は管理会社に握られる。

 メリットとデメリットをしっかりと把握し、契約を検討する必要がある。

 賃貸経営においては、家賃保証を利用する際の潜在的な問題を考える必要があります。