· 

相続対策の分類

 相続において最も時間がかかるのは、「相続人間の調整」であるとされています。

 相続には様々な問題が絡むため、これらの問題に対処するための対策が必要です。

 

相続対策の分類:

  • 相続税対策 (①):

 相続税の節税対策。
 相続税法や財産の評価方法を理解し、節税を図ることが求められます。
 早い段階から対策を検討し、実行することが有効です。

  • 争続対策 (②):

 相続人間の調整が最も時間がかかる要因。
 相続人間の欲望や争いを避けるための対策が必要であり、これを「争続対策」と呼びます。

  • 事業承継対策 (③):

 事業を子供に継がせる場合。

 事業の将来性や後継者の問題、相続税など多くの課題が存在。

 早い段階で問題点を把握し、対策を検討・実行する必要があります。

  • 資金対策 (④):

 相続税対策の一環として、借入金を活用して相続税を減らすことがあるが、その返済に関する問題も考慮。

 資金繰りを確保するための対策が必要です。

  • 二次相続対策 (⑤):

 一次相続だけでなく、残された配偶者の相続(二次相続)も考慮する必要があります。

 一次相続対策の段階で、二次相続に備えた行動が必要です。

  • 相続対策の重要性:

 相続問題には相続税だけでなく、相続人間の争いや事業の承継、資金の問題など多岐にわたる課題がある。

 これらの課題に対処するためには、事前に対策を検討し、実行することが重要である。

 総じて、相続対策はトータルで考える必要があり、様々な要因に対処するためには計画的なアプローチが不可欠です。