· 

相続財産の内訳と相続対策

 相続財産の内訳とそれに基づく相続対策についてです。

 

要点のまとめ:

  • 相続財産の内訳:

 一般的な相続財産の内訳は、不動産が約50%、有価証券が20%弱、現金が30%弱で構成されています。

 これに基づき、相続対策を講じた結果がこのような比率になっていると述べられています。

  • 相続対策としての理想的な資産比率:

 不動産:有価証券:現金=5:2:3が理想的な資産比率とされています。

 しかし、具体的な金額や事例に基づいた議論が行われています。

  • 資産のメリット・デメリット:

 不動産、有価証券、現金などの資産はそれぞれメリット・デメリットがあり、資産の種類によっては相続時の処理や流動性に影響を与える可能性があります。

  • 現金の重要性:

 相続税の増税が予想される中、現金の流動性が低い不動産を現金化し、相続財産に占める現金の比率を上げることが推奨されます。

 相続税を支払える金額+α(2倍程度)の現金を持つことが理想的とされています。

  • 相続人の視点からのアドバイス:

 相続人が相続税を支払える金額を確保するためには、相続時の資産の性格や将来の相続税の可能性を考慮し、適切なアセットプランを構築する必要があります。

 これらの指針やアドバイスは、相続時の複雑な状況に対処し、相続人の利益を最大化するための一般的な原則です。