· 

不動産の所有は相続税対策として有効

 不動産の所有は相続税対策として有効な手段とされています。

 特に、現金を不動産に換えて所有することで、将来の相続税額を圧縮できる可能性があります。

 これは、不動産の評価額が通常の現金よりも低いことが主な理由です。ただし、注意が必要な点もいくつかあります。

  • 収益性の低い不動産:

 収益性の低い不動産は相続税の対象となりつつも、収益が見込めないため負担となります。

 例えば、維持費が高いアパートやマンション、借り手がつきにくいテナントビル、利用が少ないコインパーキング、使えない空き地などが挙げられます。

  • 評価減の条件:

 評価減を受けるためには、実際に部屋が入居者で埋まっている必要があります。

 入居者がいない場合や入居者の募集をしていない場合、評価減が適用されないことに留意する必要があります。

  • 賃貸不動産の買い替え:

 相続前により収益性の高い不動産に買い替えることが重要です。

 賃貸不動産を別の賃貸不動産に買い替える場合、一定の条件を満たせば「事業用資産の買換えの特例」が適用され、譲渡所得税を繰り延べることができる場合があります。

 

 相続前に適切な不動産を保有することで、将来的な相続税額を最適化することが可能です。

 ただし、法律や税制の変更にも注意が必要であり、専門家のアドバイスを受けることが重要です。