· 

生前贈与は相続税対策の一環

 生前贈与は相続税対策の一環として効果的な手段となりますが、その際には成立要件や注意点に留意する必要があります。

  • 贈与とは:

 生前贈与は、法的には「当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる」行為です。

 贈与契約書や手続きが必要であり、注意深く行う必要があります。

  • 非課税枠の活用:

 生前贈与においては、贈与税の非課税枠を上手に利用することが重要です。

 暦年贈与の基礎控除額や特例贈与のルールを理解し、有効に活用することで、相続税の軽減が可能です。

  • 贈与の形式:

 贈与は法的手続きを伴うものであり、口頭だけでは成立しません。

 贈与契約書や適切な手続きを経て、贈与が成立するようにしましょう。

  • 贈与契約の重要性:

 贈与の際には、贈与契約書を作成することが重要です。

 贈与の意思や条件、金額などが明確に記載された契約書は、将来のトラブルを回避する役立つものとなります。

  • 贈与の実態の確保:

 生前贈与が法的に成立するだけでなく、実態としても確保されることが大切です。

 例えば、贈与された金額や資産が受取人に実際に渡り、管理されることが必要です。

  • 年々の変動:

 連続して贈与を行う場合、毎年の金額を微調整することが望ましいです。

 これにより、非課税枠を最大限に活用できます。

  • 早めの検討:

 相続対策は早めに検討することが大切です。

 時間的な余裕があるほど、より戦略的な生前贈与を計画できます。

  • 法的アドバイスの取得:

 生前贈与は法的な要素が多いため、専門の法律家や税理士と相談することが賢明です。

 個々の状況に合った最適なアプローチを提供してもらえます。

 生前贈与は相続税対策の手段の一つですが、法的な要素が絡むため、十分な知識やアドバイスを得た上で進めることが肝要です。