· 

不動産の収益性は主に立地

 不動産の収益性は主に立地に依存しており、購入時には需要が高い場所を選定する必要がある。

  • 収益性の良し悪しは、駅からの距離や幹線道路への面、周辺の大型商業施設や学校の有無、将来的な発展予定などに左右される。
  • 賃料収入の増加による相続税の懸念がある場合、贈与を活用して賃貸不動産を子や孫に譲ることで対策が可能。
  • 利回りだけに注目せず、「机上の空論利回り」には注意し、実際の賃料や維持費を考慮してキャッシュフローを確認することが重要。

 不動産購入に際しては信頼できる専門家やアドバイザーの協力が大切であり、長期的な視点でのアドバイスが必要。

 相続対策においても、「誰に相談するか」が鍵となり、不動産業者や税理士などの専門家を選んで相談し、総合的なアドバイスを受けることが重要。