· 

土地の利用区分による評価減の方法

 土地の利用区分による評価減の方法を利用することで相続税の軽減が可能。

 

  • 複数の建物がある場合、土地の利用状況や権利関係によって個別評価し、評価減の効果を高めることができる。
  • 利用区分ごとに個別の評価を行う例を示し、相続税額を大幅に減らすことができるケースがある。
  • 利用区分のポイントは、土地に面している道路から見て自宅を奥に持ってくること。道路に面した部分が高く評価されるため、評価の高い自用地は奥に配置する。
  • 自宅の敷地が広く、遊んでいるスペースがある場合、その一部に賃貸不動産を建てて自宅と貸アパートに利用区分することが効果的。
  • 賃貸不動産の建設は専門家のアドバイスが必要で、収益性を考慮した計画が求められる。建物の建設だけが狙いではなく、相続後の負担も考慮する必要がある。
  • 自宅と医院が同じ敷地内にある場合などは、分筆を被相続人の生前に行っておくことが望ましい。
  • 相続後の費用や手間を少なくするためにも、生前にできることを片づけておくことが重要。