· 

相続税額の差は主に税理士の差

 相続税額の差は主に税理士による「土地の評価額」の違いに起因している。

 

  • 土地評価は一筋縄ではいかず、税理士や不動産鑑定士によって大きく異なる。

 優れた専門家は特例や評価のポイントを把握し、相続税を低く抑えることが可能。

 土地の形状や位置は様々であり、同じような土地は存在しない。

 形状が複雑で周囲の環境に問題がある場合、評価が難しくなる。

  • 路線価は基準ではあるが、実際の市場価格や土地の状態を反映しきれないことがある。

 マイナスポイントや市場価格との差異がある場合、不動産鑑定を行い正確な評価が求められる。

  • 相続税の土地評価は時価よりも高くなることがあり、優れた専門家の介入で数千万円の評価減が可能。
  • 税理士や不動産鑑定士の選択で決定的な違いがあり、土地調査の精密さが重要。

 机上の調査だけでなく足を使った調査を行う専門家が望ましい。