· 

土地活用プランは慎重に

 土地活用プランは一見魅力的に思えるものの、実際には慎重な検討が必要です。

 

 Aさんのケースでは、青空駐車場と貸家からの収入が減少し、相続税の負担が耐え難いものとなっていました。

 建設会社から提案されたプランは、「土地に新しいアパートを建てて有効活用」するものでした。

 これにより、相続税のゼロ化と追加の収入を見込むことができるとされました。

 

 しかし、この提案には多くのリスクが伴います。

 

 特に、提案者が節税効果を強調する一方で、リスクについては言及が少ないことが一般的です。

 プランの試算が効果的に見える場合でも、実際の経営が順調でないときには大きな問題が生じる可能性があります。

 

 土地を担保として借り入れを行う場合、計画通りの入居率を維持できなければ、返済が滞る可能性が高まります。

 このような状況では、銀行からの借り入れによって得た資金が返せなくなり、土地が没収される可能性が出てきます。

 節税を目指すはずが、結果として土地を失うことになる可能性があるため、リスクを理解し、慎重に検討することが重要です。