· 

建築による相続税対策

 建築による相続税対策は、慎重な計画が必要です。

 

  • 将来の家賃収入の予測:

 建築による収入の安定性を見極めるために、5年後や10年後の将来の家賃収入を慎重に予測しましょう。

 特に借入金で建築資金の大半をまかなう場合は、中・長期の見通しを確認することが重要です。

  • メンテナンス費用の考慮:

 高額な建物ほど相続税の圧縮効果が高まりますが、同時にメンテナンス費用も大きくなります。

 計画にはメンテナンス費用に充てる資金の用意が含まれているか確認しましょう。

  • 相続人の決定:

 建築した賃貸用住宅と借入金の承継者を明確に決定しましょう。

 共有を避けるプランが含まれているか確認します。

  • 建築を請け負う会社の信頼性:

 建築業者の姿勢や永続性を確認しましょう。

 建物の維持が重要なため、信頼性の高い企業を選ぶことが重要です。

  • 地域の賃貸市況の確認:

 近隣の賃貸市況を確認しましょう。

 地元の物件紹介会社から得られる生の情報が判断の参考になります。

  • 相続税の減税効果:

 建築による相続税の減税効果を正確に知るために、資産税専門の税理士に相談しましょう。

 

 リスクとリターンを検討するうえで、複数の専門家や情報源に相談することが重要です。

 

 金融機関や建築業者の提供する情報だけでなく、独自に情報を収集し、計画を進める際には慎重な判断が求められます。