貸地の問題に対処するため

「貸地」の問題に対処するためには、様々な戦略があります。

  • 土地のまとめて売却:

 底地を一括して売却することで、相続税負担を解消できる可能性があります。

 ただし、売却価格は通常低くなるため、手残り額と相続税負担額を具体的に算出して判断する必要があります。

  • 借地人に底地を買い取ってもらう:

 借地人に底地を買い取ってもらうことで、所有土地を整理できます。

 ただし、買い手が限られることや、土地が歯抜け状態になる可能性があるため、将来的な展望を考慮する必要があります。

  • 移転する借地人ごとに借地権を買い取る:

 移転する借地人ごとに借地権を買い取る戦略も考えられます。

 ただし、土地の所有構造が複雑になるため、将来的な計画を立てる必要があります。

  • 地主が直接借地人と交渉:

 借地人との関係が良好で、経済的な余裕がある場合、地主が直接交渉することも一つの選択肢です。

 ただし、相手が応じるかどうかはケースバイケースで異なります。

  • 物納の検討:

 貸地が相続税の対象外であることがあるため、物納を検討することもあります。

 ただし、具体的な条件によりますので、専門家に相談して検討することが重要です。

 

 これらの戦略を組み合わせながら、地主は専門家と連携し、問題解決に向けて具体的な対策を進めていくことが求められます。

 特に、貸地問題は解決に時間がかかることが一般的であるため、早めの対策が重要です。