· 

相続財産の分け方を決める際

 相続財産の分け方を決める際、最優先されるのは被相続人である父や母の意思です。

 遺言書があれば、その内容が尊重されます。

 遺言書が存在しない場合は、相続人同士で話し合いが行われ、これを「遺産分割協議」といいます。

 ただし、協議がまとまらない場合は、民法で定められた「法定相続分」に基づいて分割が行われます。

 相続においては、以下のようなポイントが重要です:

  • 遺言書の尊重:

 遺言書が存在する場合、その内容が尊重されます。

 被相続人が明確な意思を示しているため、これが最優先となります。

  • 遺産分割協議:

 遺言書がない場合は、相続人同士が話し合って遺産分割協議を行います。

 協議がまとまれば、その内容が実行されます。

  • 法定相続分:

 遺産分割協議がまとまらない場合、民法で定められた法定相続分に基づいて分割が行われます。

 この場合、法律が相続財産の分割を決定します。

  • 相続人全体の協力:

 相続人全員が協力して話し合い、相続に関する不明確な点や感情的な要素をクリアにすることが重要です。

  • 早期の相続対策:

 相続発生前に、相続人とのコミュニケーションを大切にし、早期に相続対策を考えることが重要です。

 時間的余裕をもって計画的に進めることで、トラブルを未然に防げます。

  • 専門家のアドバイス:

 弁護士や税理士などの専門家のアドバイスを受けることが有益です。

 法的な知識や税務の影響を理解し、スムーズな相続手続きを進めましょう。

  • 相続人全員の事情を考慮:

 不動産など経済的な価値だけでなく、相続人それぞれの事情や将来の計画も考慮して、公平で調和のとれた相続プランを検討します。

 相続は家族や親族の関係に大きな影響を与えるため、適切な対策とコミュニケーションが必要です。